赤十字や献血ルームで働くための方法

赤十字や献血ルームで働くためには、日本赤十字社に入社する必要があります。献血会場や献血バスルームなどさまざまな環境の下で働かなければいけません。では、赤十字や献血ルームで働くためにどのような方法をとれば日本赤十字社に入ることができるのでしょうか?

赤十字や献血ルームで働くには「日本赤十字社」の社員になる必要がある!

日本赤十字社は、健康な人に献血をしてもらえるよう活動し、実際に集めた血液で血液製剤をつくり、それで治療が行えるよう医療機関に血液を届ける血液事業です。赤十字や献血ルーム、献血会場、献血バスなどで働くことを希望しているなら、赤十字社に入社する必要があります。赤十字社は全国に血液センターを54ヵ所所有しています。そして、それに付属する施設は188ヵ所もあり、多くの方から献血してもらえるよう活動をしています。

赤十字社に入社すると?

赤十字社は研修がしっかりしているので、業務内容をしっかり把握してから現場に臨む、という環境が整っています。そのため、ブランクがある方でも安心して復帰できるのが魅力となっています。夜勤が少ないので身体的なストレスは軽減されますが、収入面は夜勤がないので少なくなるというデメリットもあります。しかし、日本赤十字社の社員なので、安定した基本給と福利厚生などの待遇面がしっかりしています。

赤十字や献血ルームで働きたいなら?

健康なドナーとなってくれる方を相手とし採血を1日に何度も行うことが仕事ですが、失敗は許されません。その点を踏まえて赤十字社への入社を検討することができるでしょう。では、どのように転職すればよいのでしょうか?まず1つ目の方法として、転職サイトの利用が挙げられます。医師や看護師の求人を専門としている求人サイトを利用すれば、担当のキャリアコンサルタントの方が適した求人を探してくれます。面接の日時などの設定もすべて行ってくれるので安心して利用できるでしょう。

また別の方法としては、日本赤十字社センターに直接問い合わせる方法です。電話やホームページの”採用情報”を参考に、個人で問い合わせをするkとができます。日本赤十字社センターは都道府県ごとに管轄区域が決まっていますので、自分が就職したい都道府県のホームページを確認すれば採用情報を得られるでしょう。いずれにせよ赤十字社や献血ルームで働きたい!と考えているなら、実際に献血に赴き、リアルな現場を見学することも参考になるのでおすすめです。